東京都杉並区「西荻窪駅」より徒歩5分
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

医院紹介

西荻司ビルクリニックをご紹介します

院長紹介

はじめまして、院長の神田裕です。私はブラックジャックのように、どんな病気もたちどころに治してしまう医師をめざしてきました。

専門は消化器ですが、小児科にも長年たずさわってきました。現在は、杉並区立小学校の校医と、区立保育園の園医、保健所の休日診療当番も担当しています。

また、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、アレルギー疾患、漢方処方の患者さんも多く通院されています。 健康診断、胃バリウム検査、胃内視鏡、超音波検査、血管年齢検査、血管動脈硬化検査なども、お任せ下さい。どうぞよろしくお願いします。

「オンザウェイジャーナル」の「今井彰のヒューマンアイ」というラジオ番組に出演させていただきました。前篇と後編になっています。
▼下記URLから聴いていただけます。
http://site.jfn.co.jp/owjmon/blog/bn/141?page=2

院長 神田裕

■学歴・職歴
1982年 名古屋大学医学部 卒業
1982年 大垣市民病院 勤務
1988年 名古屋大学医学部 非常勤医
1991年 安城更生病院 勤務
1994年 高山久美愛病院 勤務
1997年 西荻司ビルクリニック 勤務
1998年 院長就任、現在に至る

院長 神田裕

■資格
医学博士
消化器病専門医
外科専門医
産業医

■所属学会
日本消化器病学会
日本糖尿病学会
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会

著書

命を預ける医者選び(たちばな出版)
現在の医療の問題点を医師と患者の人間関係に焦点を当てて明確にし、今後の医療が進むべき方向性を考えるとともに、信頼のおける医者・病院の選び方や生活習慣病予防のポイントなどを示す。内容(「MARC」データベースより)

執筆論文一覧

●Recovery of portal blood flow after percutaneous transhepatic biliary drainage in patients with obstructive jaundice
掲載医学誌名:Surgery Today(1997)

●Hepatic blood flow after acute biliary obstruction and drainage in conscious dog
掲載医学誌名:Hepato-Gastroenterology (1996)

●大腸癌イレウス例の検討
掲載医学誌名:日臨外医会誌(1986)

●高齢者大腸癌の臨床的特徴とRISK FACTOR
掲載医学誌名:日消外会誌(1986)

●放射線腸炎の臨床的検討
掲載医学誌名:日消外会誌(1986)

●大腸癌肝転移の治療-肝切除例を中心に
掲載医学誌名:日臨外医会誌(1987)

●直腸癌のCT診断-特に壁深達度とリンパ節転移について
掲載医学誌名:日本大腸肛門病会誌(1986)

●胃悪性リンパ腫の治療と予後決定因子に関する検討
掲載医学誌名:癌の臨床(1988)

●胆嚢癌治癒切除例の臨床病理学的検討
掲載医学誌名:日臨外医会誌(1988)

●無黄疸で発見された胆管癌症例の検討
掲載医学誌名:胆と膵(1988)

●潰瘍性大腸炎に合併したToxic Megacolonの5例
掲載医学誌名:消化器外科(1988)

●胃カルチノイドの2例と本邦報告例の検討
掲載医学誌名:癌の臨床(1986)

ほか全29編

院内紹介

赤ちゃん、お子さま、ご高齢の方まで安心してお過ごしいただけるアットホーム院内です。病気の早期発見・予防のため、充実した検査設備を整えております。

待合室

待合室

診療室

診療室

内視鏡

内視鏡

検査室

検査室

医院概要

医院名 医療法人社団北辰会 西荻司ビルクリニック
住所 〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-10司ビル2階
TEL・FAX 電話:03-5382-2099 / FAX:03-5382-1662
診療科目 内科 小児科 胃腸科 アレルギー科 外科
診療時間 午前9:30~12:30/午後15:00~19:00
土曜日午後は15:00~17:00
休診日 日曜、祝日、金曜午後
上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る