東京都杉並区「西荻窪駅」より徒歩5分
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

内視鏡・消化器疾患

内視鏡と消化器疾患について

内視鏡

西荻司ビルクリニックでは、内科で、鼻から診る、胃の内視鏡検査が行えます。実際に体の内部を診る事により、色々な病気のサインや体の状態が分かります。従来の、口から行う内視鏡検査と違い、安全かつ、安心に行える経鼻内視鏡をこの機会に、是非お試しになって下さい。

経鼻内視鏡について

当院では鼻から診る、胃の内視鏡検査が行えます。鼻から行う経鼻内視鏡は従来の口から行うものより苦痛が少なく、医師と話しながらできるというメリットがあります。鼻からの内視鏡検査をした人の95%の人が「次回も鼻から」を希望しています。

内視鏡検査1 内視鏡検査2

消化器疾患

内視鏡検査では、胃がんの早期発見、胃潰瘍、ピロリ菌感染などの様々な病気の発見ができます。当院では、苦痛が少ないと好評の経鼻内視鏡検査を行っています。がんの発見はもちろん、ストレス社会・生活習慣の悪化などから、急増しているIBS・逆流性食道炎などのチェックも行えます。まずは、お気軽にご相談下さい。

食道疾患

食道がんや、逆流性食道炎があります。逆流性食道炎の症状は、呑酸・げっぷ・胸の痛み・胃もたれをはじめ、のどの違和感・咳などです。

ピロリ菌感染症

ピロリ菌の感染が続き慢性胃炎がすすむと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんのほか血液疾患など様々な病気の原因となります。保険診療で、慢性胃炎・胃潰瘍などのピロリ菌治療を行う場合、胃内視鏡検査は必須となります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や薬、胃酸などにより、胃や十二指腸の粘膜が傷つけられ、一部がなくなる病気です。症状が悪化する要因には、ストレスや食事など日常の生活習慣が関係していると言われています。胃痛や腹痛(上腹部)、吐き気などの症状をくり返す場合は、要注意です。

大腸疾患

日本では,大腸がんの人が増加傾向にあります。早期の場合、自覚症状はほとんどありません。大腸がんは、見つけるのが早ければ早いほど、完全に治る可能性が高くなります。便秘と下痢を繰り返す、腰痛が続く、血便などの症状がある方は検査をお勧めします。

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアは、辛いと感じる食後の胃もたれ・すぐに満腹になる・みぞおち部分の痛みなど症状がでます。治療薬は、保険適用となりました。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る